ABOUT

 

調布市は、古くから市内に映画の撮影所を複数有することから「映画のまち」と宣言してきた。
しかし、実際市内には映画を観る環境が少なく市民にも「映画のまち」という実感はない。
今回イベントの主催でもあるパッチワークスが開催した「調布を面白がるバー」という
調布市民と市役所のブレスト会議では、映画を気軽に観られる環境を用意することが
「映画のまち」に相応しいのでは…との意見が集まった。
一方で、調布の人口は30〜40歳代のファミリー世帯が多い。
そんなファミリー層が気兼ねなく映画を観られる環境を用意したい。
幸い調布には多摩川や野川など自然環境が豊か。
その環境を生かしたオリジナリティの高い映画の鑑賞方法を実現できないだろうか。
そして生まれたのが「ねぶくろシネマ」である。

調布市は、古くから市内に映画の撮影所を複数有することから「映画のまち」と宣言してきた。
しかし、実際市内には映画を観る環境が少なく市民にも「映画のまち」という実感はない。
今回イベントの主催でもあるパッチワークスが開催した「調布を面白がるバー」という調布市民と市役所のブレスト会議では、映画を気軽に観られる環境を用意することが「映画のまち」に相応しいのでは…との意見が集まった。
一方で、調布の人口は30〜40歳代のファミリー世帯が多い。そんなファミリー層が気兼ねなく映画を観られる環境を用意したい。
幸い調布には多摩川や野川など自然環境が豊か。その環境を生かしたオリジナリティの高い映画の鑑賞方法を実現できないだろうか。
そして生まれたのが「ねぶくろシネマ」である。